MENU
総合政策学部・環境情報学部

社会イノベーションの分野

イノベーションとは、社会の様々な要素の新しい結合によって、それまでにない新しい考え方などを生成することです。「社会的な成果」と「経済的な成果」の両面を追求する実践プロセスを学びます。
以下では、研究会や卒業プロジェクト、企業・政府・他大学等との共同研究など、様々な研究活動を「プロジェクト」と捉え、その一部を「分野」ごとに紹介します。なお、ここでの「分野」とは学生や教員が所属する「専攻」「学科」「コース」ではありません。現在の両学部の研究の領域を便宜上わかりやすく束ねた編集上の区分です。SFCの学生は自由にプロジェクトに参加し、結果として自らの専攻分野を創っていきます。

ソーシャルビジネス・NPO/NGO

社会問題の解決に取り組むソーシャルビジネスやNPO/NGOの歴史と現状を客観的に理解し、その組織運営の技術を身につけます。同時に社会を変革しうる社会起業家として何ができるのかを考えます。

社会イノベーションプロジェクト 組織や社会の問題を見いだし、その具体的な解決策について探究します。そして、社会性と事業性の両立を果たしイノベーションをもたらす、持続性のあるシステムの構築を目指します。
ソーシャルセクターの可能性と評価プロジェクト ソーシャルビジネスやNPO/NGO、企業のCSR活動などの民間が先導する社会課題解決の可能性を考えます。多くの卒業生が取り組む実践事例などを含め、様々なケースの検討や調査、実践活動を通して持続可能なあり方を提案していきます。

起業・ベンチャー経営

事業のスタートアップやベンチャー企業の成功には、ミッションの明確化とともに、経営の技術やスキル、迅速で的確な実行力などが必要です。理論と実践の結びつきを重視し、多角的なアプローチから主体的に学んでいきます。

ベンチャー起業プロジェクト 学生が自ら経営者となるシミュレーションを通じて、いかなるビジネスモデルを構築し、経営・リスク管理を行っていくかを研究します。
起業家精神育成プロジェクト 地域づくりや企業などで活躍されているリーダーを取材し、独自の事例教材を開発。ケースディスカッション、ワークショップによって、これから社会を切り拓くために必要な、自分で考えて行動できる力、人とつながる力、ディスカッションリーダーシップを育んでいます。

情報社会のコミュニティデザイン

情報社会における組織やコミュニティのガバナンス・基盤形成のあり方を考えます。社会の「安心・安全」や「持続可能性」「社会的包摂」の実現方策など、マクロな視点とミクロな視点から新しい社会のデザインにチャレンジしていきます。

社会システム研究プロジェクト 多様化する社会を様々な要素が複雑に絡み合う「システム」として捉え、社会現象や社会問題の分析と問題発見を行います。また、先端情報技術なども活用しながら、新しい仕組みの提案や政策提言を行うことを目指します。
コミュニティマネジメントプロジェクト 企業、非営利組織、地域、情報空間などにおける様々なコミュニティについて、マネジメントの観点から効果的かつ具体的な運営方法などを学びます。また、地域連携活動なども通して、コミュニティの力を発揮させることによる社会変革をもたらす手法を研究します。

→講義案内・シラバス(科目名による検索)
実際に行われている授業科目の一覧です。科目名あるいはカテゴリをクリックすると科目概要をご覧になれます。
※ シラバスについては、慶應ドメインからのみ閲覧が可能です。

その他の研究領域
→政策デザインの分野
→国際戦略の分野
→経営・組織の分野
→都市・地域戦略の分野