MENU
SFCについて

未来創造塾

未来創造塾事業について

2007年に始動した未来創造塾事業は、学生や教員をはじめ、塾内外、国内外を問わず多くの人がSFCに滞在し、共に生活しながら半学半教を実践する滞在型の教育研究施設の整備を目指して進められてきました。

2015年には本事業の一環として学生・教職員・卒業生による「SBC(Student Built Campus)」が発足し、SBC合同研究会の学生と教員が中心となって「未来のキャンパスは自分たちで創る」をコンセプトに掲げ、EAST街区を舞台に新しいキャンパス作りに取り組んでいます。このプロジェクトを通じて、デザインや用途が異なる全7棟の施設群(EAST街区βヴィレッジ全体図)を建設する予定で、「計画」「設計」「施工」「運用・検証」「解体」までを自分たちで企画・運営することを目指しています。このプロジェクトは建物のハード面にとどまらず、そこで行われる教育プログラムや運用システムといったソフト面の開発にも取り組むことで、今までにない新しい大学のあり方を構想します。

2016年に滞在棟1とDFF-W(※1)が、2018年に滞在棟2(※2)が竣工し試験運用を開始しています。2020年度には、SBCの全施設が竣工し、区画名称であるEAST街区から施設名称である「β(ベータ)ヴィレッジ」と呼び名を変え、SFCの滞在型教育研究の新たな拠点として本格的な活動をスタートします。

campus2.jpg

ニュース

2020/06/22 慶應義塾大学未来創造塾募金の寄付者銘板を設置しました
2020/3/23 βヴィレッジ(イースト街区)の建設状況について

各施設について

EAST βヴィレッジ全体図.jpg

1.β1(滞在棟1)とβファクトリー(DFF-W)

延床面積315㎡、宿泊収容人数32名、SFCプロジェクトの幕開けとなる最初に実現した滞在施設です。広々とした日当たりの良い多目的スペースを建物の中心に据え、2段ベッドで4人が宿泊する8室の寝室は極力コンパクトなスペースとして設計されました。キッチン・トイレは本体建築に併設されていますが、シャワー室は独立した棟として屋外でも風呂が浴びられるスペースが確保されています。建物の裏表両サイドには縁側が設けられているなど、寝食を共にし、新しい学びの形を経験できる施設として機能しています。

βファクトリー(DFF-W: Digital Fabrication Factory-Wood)は、延床面積116㎡、木材加工に適したデジタルファブリケーション機材が設置された、SFCのものづくり拠点のひとつです。

滞在棟1.jpg

2.β2(滞在棟2)とβキッチン

延床面積418㎡、宿泊収容人数40名、東側(写真左)のβ2(滞在棟2)は、5室ずつの和室と洋室からなり、和室スペースは一室に開放すると40畳になる、大人数で車座になって膝を突き合わせて夜通し議論ができる広間となっています。西側のβキッチン(写真右)は、大型のアイランドキッチンを備えた調理と飲食が可能な交流スペースです。βキッチンは滞在棟利用者の調理スペースにとどまらないオープンな交流の場として機能しています。これらの建物は主構造が素人でも施工可能なべニア合板を箱状に組み上げていくべニアハウス(板組み)構法で作られており、柱や梁は学生たちによって施工されました。

滞在棟2.jpg