先端生命科学(BI)

チェアパーソン 内藤 泰宏 教授生命のしくみをビッグデータから理解し、医療・食品・環境に貢献する チェアパーソン

チェアパーソン 内藤 泰宏 教授

代謝物を網羅的に計測する「メタボローム解析」、DNAを網羅的に解析する「メタゲノム解析」、遺伝子発現を網羅的に計測する「トランスクリプトーム解析」、タンパク質を網羅的に計測する「プロテオーム解析」など、生命の膨大な情報を得ることが可能になりました。その膨大なデータから生命のしくみを解き明かし、その成果を社会のために役立てていくことが、先端生命科学に期待されています。先端生命科学プロジェクトでは、「がん」「免疫」「腸内細菌」「食と健康」「生命起源と進化」「極限環境生物」「宇宙生物学」「都市環境微生物」「ゲノム科学」「システム生物学」といった多彩な先端領域に、 SFCとTTCK(鶴岡タウンキャンパス)の連携からもたらされる多面的な手法によって取り組んでいます。

また「唾液でがん診断」「血液検査でうつ病診断」「人工クモ糸量産」などのユニークなバイオベンチャー企業も創業されています。

関連アカデミックプロジェクト

  • 先端生命科学A
  • 先端生命科学B
  • 生と命の営み そのモノとコト など

(参考)アカデミックプロジェクト(大学院プロジェクト科目)

メンバーリスト

2021年10月現在
◎印はチェアパーソン _(下線)は政策・メディア研究科委員ではないメンバー

氏名 職位 専門分野
荒川 和晴 准教授 バイオインフォマティクス、システム生物学、ゲノム科学
金井 昭夫 教授 分子生物学、分子進化学、発生生物学
黒田 裕樹 教授 発生生物学
鈴木 治夫 准教授 バイオインフォマティクス、微生物学
曽我 朋義 教授 メタボロミクス、分析化学、がん代謝
辻本 惠 専任講師 極域生態学、生態学、保全生物学
冨田 勝 教授 先端生命科学、システム生物学、バイオインフォマティクス、バイオテクノロジー、生命情報科学, 遺伝子情報処理
◎内藤 泰宏 教授 理論生物学
渡辺 光博 教授 ヘルスサイエンス、アンチエイジング、代謝疾患、栄養医学、予防医学

サブメンバー

氏名 職位 専門分野
秋山 美紀 教授 健康情報とコミュニケーション、公衆衛生、疫学、健康政策

教員検索(慶應義塾研究者情報データベース)

キャリア・資格等

本プログラムを修了した学生は、製薬、食品会社やIT 企業の研究開発部門、コンサルティング会社などに就職し、リーダーシップを発揮しています。また、後期博士課程に進学した学生は、博士号取得後、ハーバード大学、カリフォルニア大学、慶應義塾大学、東京大学、理化学研究所など、国内外の大学や研究所に就職し、第一線の研究者として活躍しています。

PAGE TOP