先端生命科学(BI)

 本プログラムでは、実験生命科学とインフォマティクスの最先端の成果を融合して、生命システムの解明に挑戦します。
本プログラムは、2001年度にバイオインフォマティクスプログラムとして発足し、2007年度より、先端生命科学プログラムと名称を改めました。湘南藤沢キャンパス(バイオインフォマティクス)と鶴岡タウンキャンパス・先端生命科学研究所(システム生物学)双方の豊富な研究資源を利用して単位を取得することができる世界でも希少な大学院プログラムです。湘南藤沢キャンパスでは最先端のネットワーク環境の中で「バイオシミュレーション」や「ゲノム解析プログラミング」などコンピュータ実習科目が、また鶴岡キャンパスでは「ゲノム工学実習」「メタボローム解析実習」「プロテオーム解析実習」「代謝システム工学実習」など、最新鋭のCE/MS、DNAシークエンサーやバイオリアクターを用いた実験実習が用意されています。カリキュラムはプロジェクトを中心としており、ゲノムのコンピュータ解析や細胞シミュレーションなど、世界最先端の研究プロジェクトを数多く行っています。「半学半教」、年功序列を排して学生の自主性を重視します。そんな慶應義塾ならではの自由な雰囲気の中で、教員も学生も一緒になって研究プロジェクトに取り組んでいます。

関連プロジェクト

  • 先端生命科学

(参考)塾生HP:【SFC】履修案内・講義要綱・時間割>政策・メディア研究科>大学院プロジェクト科目 担当者・登録番号表(PDF)

Interview

生命をシステムとして理解し、医療・食品・環境に貢献する

チェアパーソン 冨田勝 教授

ヒトは60兆の細胞、約4万種のタンパク質、約3万の遺伝子、約1万種の代謝物からなるとても複雑なシステムです。今まではひとつひとつの「部品」の働きを解明することに重点が置かれていましたが、これからはどのように全体が「システム」として振る舞うかを解明する新しい生命科学が主流となります。
2001年に鶴岡タウンキャンパスに設立された先端生命科学研究所では、生体内の代謝物質全体を、一斉にかつ短時間で測定する"メタボローム解析"という究極の成分分析技術を開発しました。2002年に特許を取得したこの技術は国内外から注目を集め、様々な賞を受賞しています。この技術を用いて、がん細胞の振る舞いを解析したり、がんや精神疾患、肝炎などの病気を血液分析で早期診断したり、農作物の健康機能性成分を網羅的に分析したり、極限環境に生息する微生物を網羅的に分析したり、大気中の二酸化炭素から軽油を生産してくれる藻の代謝を分析するなど、様々な分野に応用しています。またITを駆使して様々な生物のゲノム配列を比較したり、細胞の代謝をシミュレーションしたりする、バイオインフォマティクスの分野では世界的パイオニアです。詳しくは http://www.iab.keio.ac.jp/ をご覧ください。
「生命科学を通して人類に貢献したい」「バイオ燃料を実用化して環境問題を解決したい」。そんな高い志をもつ君の夢実現はSFCから始まります。

メンバーリスト

2016年度4月現在
◎印はチェアパーソン

氏名 職位 専門分野
板谷 光泰 教授 ゲノムデザイン学、ゲノム工学、分子生物学、分子遺伝学、合成生物学
金井 昭夫 教授 分子生物学、分子進化学、発生生物学
黒田 裕樹
准教授
発生生物学
佐野 ひとみ 専任講師 システム生物学、バイオシミュレーション
曽我 朋義 教授 メタボロミクス、分析化学
冨田 勝 教授 先端生命科学、システム生物学、バイオインフォマティクス、バイオテクノロジー、生命情報科学、遺伝子情報処理
内藤 泰宏 准教授 理論生物学
渡辺 光博 教授 ヘルスサイエンス、アンチエイジング、代謝疾患、栄養医学、予防医学

教員検索(教員プロフィール)

キャリア・資格等

本プログラムを修了した学生は、製薬、食品会社やコンピュータ会社の研究開発部門、コンサルティング会社などに就職し、リーダーシップを発揮している。また、バイオサイエンスをさらに究めることに興味のある学生は後期博士課程に進学し、博士号取得後は国内外の大学や研究所で第一線の研究者として活躍している。

PAGE TOP