MENU
ニュース
2018.04.04

論理的な論述力指導法のテキスト 『論理コミュニケーション 第3版』を無償で公開(4/4)

~文部科学省・全国高等学校教育改革研究協議会特設WEBサイト他で公開~

慶應義塾大学SFC研究所プラットフォームデザイン・ラボラトリ(神奈川県藤沢市、以下SFC研究所)と福岡県立東筑高等学校(北九州市八幡西区、以下東筑高校)は、『論理コミュニケーション 第3版』を、全国の高校と高校生の誰もが無償で自由に利用できるように公開します。これは、SFC研究所の15年にわたる研究により培った論理的な論述力育成及び計測ノウハウと、東筑高校による5年間の高校現場での授業「トータルロジックス」で培った指導ノウハウをテキストとして編集したものです。

1.『論理コミュニケーション』について
『論理コミュニケーション』は、多数派に依存しないで自らの主張を論理的に主張する実践力を育むことを目的とした「論理的に聴く」「論理的に構築する」「論理的に伝える」といった社会で必須とされるコミュニケーション力を習得するための実践的テキストです。2003年にSFC研究所で基礎研究が開始され、その研究成果は、第1版は2011年、第2版は2015年にいずれも慶應義塾大学出版会より出版されました。
同時に、全国の先進的な中学・高校は、独自に設計可能な授業である「学校設定科目」や「総合的な学習の時間」において「論理的な論述力(論理コミュニケーション力)授業」を実践してきました。
今回、SFC研究所と東筑高校は、これまで書籍として有償(定価1,800円)で提供していた「論理的な論述力(論理コミュニケーション力)授業」の教本を共同で編集しWEB上で無償で公開することになりました。これは、論理的な論述力を指導する教本を無償で提供することにより、広く社会に貢献することを目的としています。
これにより、全国の高校の先生は、『論理コミュニケーション 第3版』をWEBサイトからダウンロードし、生徒部数を印刷し、自らが行う論理的な論述力指導に活用することができます。また、高校生も論理的な論述力を自習することが可能になります。
 
2.『論理コミュニケーション 第3版』の公開について
『論理コミュニケーション 第3版』は、以下のWEBサイトで公開されています。
 
SFC研究所プラットフォームデザイン・ラボラトリURL: https://goo.gl/DQeD9A
東筑高校URL: http://tochiku.fku.ed.jp/Default2.aspx (近日公開予定)
 
本プレスリリース(ファイルはこちら)は、新聞各社社会部に配信しております。
 
【本件のお問合せ先】
慶應義塾大学SFC研究所プラットフォームデザイン・ラボラトリ
 
 
梅嶋真樹(慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特任准教授)
TEL: 0466-49-3557
 
福岡県立東筑高等学校
今任弘之(副校長)
TEL: 093-691-0050
 
【配信元】
慶應義塾大学 湘南藤沢事務室 学術研究支援担当