認知・意味編成モデルと身体スキル(CB)

 本プログラムでは、認知的・意味的な諸モデルと身体スキルモデルの構築、身体スキルやコミュニケーションの学び場の構成、集団や社会における意味編成メカニズムの解析を取り上げ、それらの研究開発を行うと同時に人材の育成を目的とします。具体的には、スポーツなどにおけるスキルの解明、その学習方法論の構築、言語獲得過程の認知科学的アプローチ、自然言語や音声・画像イメージなどのマルチメディア情報の意味モデル、意味編成における記憶メカニズムやコミュニケーション、ネットワークを介したデータ収集・解析技法、人間とコンピュータの自然なインタラクション、人間の精神発達に関する研究、そして、空間の知覚および空間の認知の研究、などを行います。

関連プロジェクト

  • インタラクションデザインプロジェクト(IDP)
  • 認知・言語の発達と学習
  • スポーツサイエンスとコグニティブエルゴノミクス
  • ネットワークスタイル
  • サイコスペース
  • 認知・行為・メディアと言語・言語教育
  • 生活実践知
  • インターリアリティ
  • ソーシャルファブリケーション
  • モバイル・メソッド
  • ノーベル・コンピューティング
  • バーチャル・バリュー・リサーチ

(参考)塾生HP:【SFC】履修案内・講義要綱・時間割>政策・メディア研究科>大学院プロジェクト科目 担当者・登録番号表(PDF)

Interview

 知を結び、知を創る、
多様な"インタラクション"のサイエンス

チェアパーソン 牛山 潤一 准教授

私たちは、脳と身体をたえず連動させながら、動き、感じ、生きています。"身体"と"言葉"をメディアとして、自己を表現し、他者と関わることは、質感豊かな感覚と感情を生み出し、こうした経験のすべてが、個性・知性・感性・社会性の礎となります。

こうして考えると、私たちの日常を彩る豊かな営みのすべては、心と身体、意識と無意識、人間と外界、自己と他者、仮想と現実、などなど...多種多様な"インタラクション"によって支えられていることに気づくでしょう。

CBプログラムでは、文と理、質と量、基礎と応用、理論と実践、など、すべての学術的な"壁"をとりはらい、個々の手法を融合しながら、未来の教育・医療・スポーツ・芸術・文化に資する、人や社会の"インタラクション"のサイエンスに挑戦しています。

メンバーリスト

2017年度10月現在
◎印はチェアパーソン

氏名 職位 専門分野
青山 敦 准教授 脳情報科学、脳機能計測、感覚統合、生体信号処理
井庭 崇 准教授 パターン・ランゲージ、創造性、複雑系科学、社会システム理論
今井 むつみ 教授 認知科学( 特に認知言語発達科学、言語心理学)
◎牛山 潤一 准教授 運動生理学、神経科学
仰木 裕嗣 教授 スポーツ工学、スポーツバイオメカニクス、生体計測、無線計測
加藤 貴昭 准教授 人間工学、スポーツ心理学、運動学習と制御
河添 健 教授 Lie 群上の調和解析、フーリエ解析、ウェーブレット解析
諏訪 正樹 教授 認知科学、コミュニケーションデザイン、デザインサイエンス、人工知能
田中 茂範 教授 認知言語学、意味づけ論
トレース, ジョナサン ウイリアム 専任講師 応用言語学:言語試験, カリキュラム設計, リスニングとスピーキング教育、プログラム評価
仲谷 正史 准教授 触覚、計測工学
中浜 優子 教授 応用言語学、第二言語習得
長谷部 葉子 准教授 英語教材、教授法、遠隔教育、カリキュラムデザイン、異言語・異文化間コミュニケーション
濱田 庸子 教授 精神医学、精神分析学、乳幼児精神医学、学校精神保健
福田 和也 教授 文芸批評、文明論、社会批評、フランス文学
藤井進也 専任講師 音楽神経科学、音楽と脳、音楽身体科学、音楽家の身体運動制御メカニズム、音楽の知覚・認知、ヒトの進化・発達と音楽性の起源、音楽リズム・言語リズムの知覚・生成・同期の神経メカニズム、リズム感の個人差、失音楽症、聴覚フィードバックシステムを用いた運動学習とリハビリテーション
水鳥 寿思 専任講師 器械運動コーチング
森 さち子 教授 臨床心理学、精神分析学
渡辺 利夫 教授 心理現象の数理解析、空間の知覚と認知、ライフデザイン

サブメンバー:

氏名 職位 専門分野
小川 克彦 教授 コミュニケーションサービス、ネット社会論、ヒューマンインタフェース
小熊 英二 教授 歴史社会学
加藤 文俊 教授 コミュニケーション論、メディア論、定性的調査法
清木 康 教授 マルチメディア・データベース、感性データベース、マルチデータベースシステム、意味的連想検索
桑原 武夫 教授 マーケティング、消費者研究
清水 唯一朗 教授 日本政治外交史(統治構造論、政官関係論)、オーラル・ヒストリー(政策研究、組織研究、方法論)
武藤 佳恭 教授 ニューラルコンピューティング、インターネット・ガジェット、セキュリティ
増井 俊之 教授 ユーザインターフェース、ユビキタスコンピューティング
村林 裕 教授 スポーツビジネス

教員検索(教員プロフィール)

キャリア・資格等

人間の知性や技巧、スポーツなどを科学的な視点で解析できる人材、および文章、画像、音楽などのマルチメディアに対して意味を付与して、コンピュータによって自由に操作できるような人材、ウェブやIT技術を駆使して人々の意味世界に踏み込んだ社会調査・分析ができる人材の輩出を狙います。本プログラムの修了者は、企業マーケティング部門・企画部門・システム開発部門、政策シンクタンク、スポーツコーディネーター、外国語教育部門、起業家、インタフェースデザイナー、福祉支援などの仕事で活躍することが期待されます。また、第一線の研究者、教員への道も開かれています。

PAGE TOP