エクス・デザイン (XD)

 21世紀に入り、科学技術の高度化と、文化的基盤の成熟化は、めまぐるしい速度で進んでいます。また同時に、社会全体に広くコンピュータが普及したことで、人々の思考や価値観、知覚や認識の方法、ものづくりやシステム開発の進め方自体も、大きく変容し、20世紀型の古い尺度ややり方が通用しなくなるような場面が急速に増えつつあります。
こうした疾走する時代感覚と極限化する生活環境・社会状況において、未来への想いを具体化/具現化することのできる、「デザイン」の素養を持った人材が広く求められています。XDプログラムは、「クリエイティヴ・マインド」を研究の基本的な推進力・原動力として持続しながら、産業と文化、開発力と表現力、技法(テクニック)と技術(テクノロジー)、科学的理性と芸術的感性、論理(ロジック)と倫理(エシック)、作り手側(メーカー)の価値観と使い手側(ユーザー)の価値観、伝統技術と先端技術などの分断された各要素を再び包摂・統合し、具現化することのできる、新領域デザインのエキスパート育成を目的としています。
XDのデザインマインドは5つのXから構成されています。

  1. 伝統的な「◯◯デザイン」ではなく、まだ確固たる名称のない、未知なるデザイン領域(=X)の「開拓」に積極的にチャレンジすること。
  2. 極限的な(eXtreme)状況における人工物のデザインや、極限的なデザインの方法論を対象とすること。
  3. 技術シーズに基づく実験的な(eXperimental)プロトタイプを奨励し、具体的な社会実験(eXperiment)から評価やフィードバックを得て、常に時代に先駆けた活動を行うこと。
  4. 単に分野融合的(Crossing)に終わるだけでなく、分野どうしの価値や思想の相乗効果=掛け算(X)を狙うこと。
  5. システム開発やモノづくりの修練を通じて、真の自己実現や自己表現(eXpression)の喜びを経験・共有すること。

XDプログラムでは、以下のような具体的な研究領域を想定しています。

  1. 極限の状況や価値の調整が想定される、医療(ケアやセラピー)、異文化混合社会、情報ネットワーク都市、ハイブリッドな居住環境、宇宙空間等を想定したアーキテクチャデザイン
  2. 極限の身体を表出・演出する、ファッション、サウンド、ミュージック、グラフィック、ムービー、楽器、音響装置、照明装置、空間などのアプリケーションデザイン
  3. 人々の創造性を支援し、テクノロジーに基づく新しいものづくりを社会的に広げるための、ミドルウェア、プラットフォーム、ツール、システム、マシン等のデザイン
  4. 個々人のパフォーマンスを高めるための、徹底したデザイン方法論や実装メソッド、デザインランゲージおよびデザインパターンの開拓
  5. 場のデザイン、もしくはそこに見いだせるコミュニケーション・デザイン及びリサーチ・デザイン

上記以外にも、理論構築、ツール開発、素材開発、プロトタイピング、コンテンツ作成、展示・インスタレーション、定性/定量評価などの普遍的なプロセスをカバーしており、これらの反復のなかで実験的な作品制作と、新たなディシプリンを紡ぎ上げていくことが期待されています。また、アカデミックな実験作品や個人研究も容認することで、全く新しい萌芽的研究がSFC から生まれることも望まれます。

エクス・デザインプログラム ウェブサイト
http://xd.sfc.keio.ac.jp/

関連プロジェクト

  • サイバーサウンド・プロジェクト
  • Designing Real
  • ソーシャル・ファブリケーション
  • ネットワークスタイル
  • プレイス&モバイルメディア
  • 現代社会文化論プロジェクト
  • 生活実践知

(参考)塾生HP:【SFC】履修案内・講義要綱・時間割>政策・メディア研究科>大学院プロジェクト科目 担当者・登録番号表(PDF)

Interview

 多様なデザインとアートが習合する実験工房へようこそ

チェアパーソン 脇田玲 教授

SFCは設立当初から問題発見と問題解決の力を重視してきました。問題発見はアートが担う領域であり、問題解決はデザインの目的そのものです。これらは独立して扱うべき対象ではなく、両輪として機能すべきものであることは言うまでもありません。XDはアートとデザインに関わる多様な領域を研究対象として扱う大学院プログラムです。工学系、人文系、社会系、美術系といった区別はここには存在しません。多様なバックグラウンドを有する表現者、研究者、実践者が習合し、共に創造し、議論し合う実験的な場です。
XDでは多様性を最も重視しています。音楽、グラフィクス、ロボティクス、メディアアート、ファッション、プロダクト、批評、コミュニケーション、デジタルファブリケーション、ドキュメンタリー映像、等々、扱うフィールドは多岐に渡ります。学生は教員が主催するスタジオに所属しながらも、プロジェクトに応じて離合集散し、XDの全教員と全学生が参加するレビューで発表とディスカッションを繰り返し、創る喜び、方法論、ビジョンといった思考のエッセンスを共有するオープン・クリエイションを通して自身の研究を作り上げて行きます。多様性に満ちた「創造の生態系」に身を置くことがXDで学ぶ醍醐味です。
XDではオルタナティブかつインディペンデントな精神を大切にしています。それは、権威化したデザインやアートに迎合することなく、真に新しいものを創造・追求する精神と言っても良いでしょう。先端技術への貪欲さ、フィールドワーク主義、プロトタイピングを通した思考の重視といったXDの特徴は、真に新しいもの創造しようとする心から生まれたものです。これらは福澤諭吉が大切にした独立自尊、自我作古の精神に他なりません。私は慶應義塾大学のXDプログラムこそがこれからのデザインとアートを学ぶ上で最も刺激的な場所であると信じています。

メンバーリスト

2013年度4月現在
*印は研究科委員、◎印はチェアパーソン

氏名 職位 専門分野
*岩竹 徹 教授 作曲、コンピュータ・ミュージック
*オオニシ タクヤ
准教授 軽量・極限建築、エネルギー・デザイン
*筧 康明 准教授 インタラクティブメディア、拡張現実感、メディアアート、ヒューマンインタフェース
*加藤 文俊 教授 コミュニケーションデザイン、ファシリテーション論、定性的調査法
*田中 浩也 准教授 デザインツール、デザインマシン、パーソナル・ファブリケーション、ソーシャル・ファブリケーション
*中西 泰人 准教授 情報デザイン、経験デザイン、ヒューマンインタフェース、モバイルコンピューティング、アーバンコンピューティング、設計支援、創造活動支援
水野 大二郎 専任講師 ファッションデザインの実践と批評、社会的包摂を目指すデザインのための実践、領域横断型デザインにおけるデザインリサーチ
*◎脇田 玲 教授 形状モデリング、Computer Aided Design、スマートマテリアル

サブメンバー:

氏名 職位 専門分野
*小川 克彦 教授 コミュニケーションサービス、ネット社会論、ヒューマンインターフェース
*諏訪 正樹 教授 認知科学、コミュニケーションデザイン、デザインサイエンス、人工知能
*増井 俊之 教授 ユーザインターフェース、ユビキタスコンピューティング
*松川 昌平 専任講師 建築設計、アルゴリズミック・デザイン、設計プロセス論

教員検索(教員プロフィール)

キャリア・資格等

本プログラムでは、情報技術を基盤としながら自らの五感と手を使って新しい価値を創造する人材を育成する。具体的には、プロダクトデザイナー、アートディレクター、デザインエンジニア、デザインディレクター、クリエイティブリサーチャー、メディアアーティスト、等である。これまでの業種としては、国内外のデザイン業界、通信業界、電気機器メーカー、通信機器メーカー、ゲーム業界、CG業界、放送業界、映画業界、広告業界、WEB業界、携帯コンテンツ業界、商社、コンサルティング業界、出版業界など多岐にわたっている。また、ベンチャー企業を起業することも推奨している。

PAGE TOP