MENU
総合政策学部・環境情報学部

経営・組織の分野

様々な組織の特徴を捉えつつ、その経営戦略やガバナンスの在り方について学びます。組織がどのように運営されるべきかという視点とともに、我々個人がどう関わるかという視点を重視します。

以下では、研究会や卒業プロジェクト、企業・政府・他大学等との共同研究など、様々な研究活動を「プロジェクト」と捉え、その一部を「分野」ごとに紹介します。なお、ここでの「分野」とは学生や教員が所属する「専攻」「学科」「コース」ではありません。現在の両学部の研究の領域を便宜上わかりやすく束ねた編集上の区分です。SFCの学生は自由にプロジェクトに参加し、結果として自らの専攻分野を創っていきます。

経営戦略

グローバル化、業界再編、M&Aの拡大など激動する経営環境の中で進化し続ける企業の経営戦略を模索します。

企業コンサルティングプロジェクト 主に身近な消費財などの個別業界について企業や顧客・流通業者へのインタビュー、アンケート、データ分析を実施。それをもとに今後の事業戦略を分析、提言します。
スポーツを通じて社会を元気に
もっとスポーツをする人を増やしたい。そのためには快適な施設とよき指導者が必要、までは誰しもがわかっています。では、どうやって実現させるのでしょう。スポーツをビジネスとして成り立つ仕組みを考え、スポーツがビジネスとして役に立つことを考えています。
 

マーケティング・経営情報システム

成熟化する市場において、高度化する顧客ニーズに対応し、いかにプロダクトと事業を洗練させていくべきかを探求します。データ解析やITも活用した実践的なスキルの習得も重視します。

ネットビジネス インターネットやワイヤレス、SNSなどが生み出す新しいビジネスの姿を分析し、創造します。
インターネット・マーケティング・プロジェクト ネット社会の深化が、マーケティングにもたらす新たな糸口に着目します。ビッグデータ、ソーシャル・マイニング、ブランド価値の予測モデル構築、クロスメディアの効果推定といったテーマを実証的に探究します。

組織/人材・キャリア

企業や非営利組織におけるキャリア開発を考えます。企業主導型の従来のキャリア開発に加え、個人が選択できる新しいタイプのキャリア開発とデザインの仕組みを学びます。

日本アジアにおける政治・経済と企業経営 ダイナミックに動く地域であるアジアという地域を、政治・社会分野や経済・経営分野、歴史分野の理解を基盤に、企業の経済活動に焦点をあてて分析していきます。
組織運営の実践プロジェクト ベンチャーの立ち上げから企業や官庁の組織戦略に至るまで、アイディアを事業化し、活動を組織化することを実践するプロジェクトです。組織のビジョン・目標を明確にし、タスクを合理的に分解してスケジューリングするという経営の基本を学びつつ、組織の構成員を動機づけし、環境変化に的確に対応する術を学びます。

→講義案内・シラバス(科目名による検索)
実際に行われている授業科目の一覧です。科目名あるいはカテゴリをクリックすると科目概要をご覧になれます。
※ シラバスについては、慶應ドメインからのみ閲覧が可能です。

その他の研究領域
→政策デザインの分野
→社会イノベーションの分野
→国際戦略の分野
→都市・地域戦略の分野