MENU
総合政策学部・環境情報学部

総合政策学部・環境情報学部

学問分野の領域を超えて、現実の世界と向き合う
慶應義塾大学総合政策学部長 加茂 具樹

政策を考える。そのための教育と研究に取り組む総合政策学部は、創設以来30年の実践をつうじて、確信していることが一つあります。それは、社会の秩序は変化するものであり、現実の世界に存在する問題を解決するための「政策を考える」学問も変化が求められる、ということです。いま、これまで当然とされていた価値観が流動しています。私たちが直面している問題の多くは、既存の解決方法を受け入れず、新しい思考を要求しています。

現実の世界に存在する問題は、いずれも領域横断的です。そうだとすれば、学際的な領域に踏み込む学問をつうじてこそ、政策を考える力を養うことができるのです。これまでの学問は、とにかく深く、深く究めていくことが重要でした。もちろん、物事を深く探求することは必要です。しかし、それだけでは問題の発見すら覚束きません。そもそも、今注目している問題が、本当の問題ではないかもしれないのです。政策を考えるとは、現実の世界と向き合うことです。

日本、そして世界を変えていく意気込みを持つ人材の育成

政策は政府が行うものだけではありません。英語のpolicyが企業の方策や個人の指針を指すように、政策は広く我々が現実と向き合う際に必要となるものです。そして、政策を考えるということは、単に提言するだけではなく、主体的に、能動的に物事に取り組むことです。

私たちは、総合政策という学問をつうじて、未来を見通す展望力、状況を捉える分析力、政策を設計する構想力、政策の意義を訴える説得力、政策を実施する実行力とともに、それらの力を総合する力を備えた学生を育てるのです。

自ら実践し、日本、そして世界を変えていく意気込みを持つ学生の育成と、日本のみならず、グローバルな人的ネットワークの構築を総合政策学部は目指します。

総合政策学部

「実践知」を理念とした「問題解決のプロフェッショナル」を育成。

総合政策学部は、1990年、湘南藤沢キャンパスに開設。同時に開設した環境情報学部とカリキュラムを共有しており、それぞれの学生は2つの学部を自由に行き来して学んでいます。いま我々が直面している21世紀の世界の問題の解決に必要なのは、政府による「公共政策」のみならず、企業や非営利組織、個人といったさまざまなアクターの協働による解決への「処方箋」です。総合政策学部は「実践知」を重視しながら、ひとつの学問領域だけでは解決困難な多様な問題の解決に資する新しい「知」を生み出す力を涵養します。情報言語や自然言語の実践的な教育、国内外各地でのフィールドワークも充実。問題を的確に見定め、その解決方法を提案し、実行までできる「問題解決のプロフェッショナル」を育成します。

現代のクリエイティブマインドを学ぶ場所
慶應義塾大学環境情報学部長 脇田 玲

環境情報学部ではデザイン、アート、サイエンス、テクノロジーを横断的に用いながら、多様な研究を実践しています。

デザインが薬だとすれば、アートは毒です。安心、安全、便利、健康な生活を作り出す上でデザインによる問題解決は欠かせません。しかし、人間は刺激や害になるものも求めずにいられません。問題そのものを発見し、アートを通してその中に入り込むことで、人間性とは何かと問い続けてきました。

サイエンスが謙虚さであるとすれば、テクノロジーは欲望です。科学を通して自然の叡智と向き合うことで、足るを知る心や物事を広く捉える視野を得ることができます。一方で、人間は己の欲望に素直になり、高みを目指す成長心も持っています。テクノロジーを駆使することで、人間は自らを満たし、自らを拡張し続けています。

さて、現代においてクリエイティブであることとは、デザイン、アート、サイエンス、テクノロジーを自在に駆使できることに他なりません。環境情報学部はこれら全てを横断的かつ実践的に学ぶことができる世界でも稀有な場所なのです。

最先端のインフラと豊かな自然が同居するキャンパス

100を超える研究会に1年生から参加することができます。豊かな自然と最先端の情報インフラが整備された湘南藤沢キャンパス、バイオの世界的研究者が集う鶴岡キャンパスを拠点としつつ、企業との共同研究や地域との連携プロジェクトに邁進する生活があなたを待っています。

環境情報学部

地球、自然、生命、人間、社会を理解し、未来社会に貢献する人材を育成。

環境情報学部は、1990年、湘南藤沢キャンパスに開設。総合政策学部とカリキュラムを共有し、学生は二学部を自由に行き来して学んでいます。最先端のサイエンス(脳科学、身体科学、生命科学、情報科学、環境科学等)、テクノロジー(ICT、空間情報技術、エレクトロニクス、バイオテクノロジー等)、デザイン(メディアデザイン、デジタルアート、建築・環境デザイン等)を駆使し、柔軟に人文・社会科学と融合することによって、地球、自然、生命、人間、社会を理解し、未解決の問題に取り組み、解決策を創造します。2011年秋から、日本語での授業に加え、卒業に必要な単位を英語のみでも修得できるGIGAプログラムがスタートし、留学生にもさらに門戸を広げるなど、グローバルなキャンパスづくりが進んでいます。「環境と情報の世紀」におけるグローバルリーダーを育成します。