MENU
キャンパスライフ

朱 兪

y_chu_01.jpg
たくさんの発見が得られ、他の外国人とも知り合える
SFCの授業は、斬新で、特別なものです

朱 兪 Yu Chu
学部:環境情報学部
出身校:St.Cuthbert's College, Auckland, New Zealand
入学年度:2011年

y_chu_03.jpgSFCにはもともと興味がありましたが、日本語力に不安があったので、留学は大学院からにしようと、なかば諦めていました。そんなときに英語で授業を受けられるGIGAプログラムの存在を知り、学部からSFCに進学できることに。どの授業も先生との距離が近く、学生たちが自由に意見を交わしています。「環境情報学の創造」では、毎回モノづくりの演習やプロジェクトを行い、たくさんの発見が得られます。日本におけるイタリアを学ぶ授業では、ランチの時間も楽しくイタリア文化を学ぶ場になり、数多くのイタリア人と交流することができた楽しい授業でした。今まで自分が考えていた授業のスタイルが、SFCで180度変わりました。さらに学生たちは行動力や主体性があり、刺激になります。世界各地で行われているイベントTEDxSFCを昨年SFCで開催したのも、SFCの学生です。こうした活動を知ると、自分も頑張らなくてはという気持ちになりますね。

鴨池のほとりが、私のお気に入りスポットです。

y_chu_02.jpg今は環境問題にすごく興味があります。来学期に厳網林先生のGIS(地理情報システム)の技術を活用する研究会に参加することを、とても楽しみにしています。日本は、渋谷駅前のような、人やクルマがあふれかえっているようなイメージだったので、緑が多く、自然豊かなSFCの環境には驚きました。キャンパスにある"鴨池"は、私のお気に入りのスポットです。その池のほとりでランチを食べたり、お昼寝をしたりするのがとても好きで、落ち着けます。今では毎日のように行って、友だちとくつろいでいます。