MENU
キャンパスライフ

プログラミング技術や演技などを学び
将来、舞台演出を手掛けたい。

洪 齊嬉 Jei‐Hee Hong  
学部:環境情報学部2年
出身校:Roedean School[イギリス]
入学年度:2012年

_D3_4027.jpg

父が日本の企業と共同して、ビジネスを展開していたりと、昔から日本とはつながりがあったので、いずれは日本語を勉強したいと思っていました。SFCを選んだのは、英語で授業を受けられるGIGAプログラムがあったからです。
他の大学も検討しましたが、高校時代に教わった日本人の先生もSFCを薦めてくださったので、迷わず決めることができました。GIGAの授業は少人数制なので、学生たちで自由に意見を交わしながら、取り組めるのが特徴です。台湾、インドネシア、アメリカ、日本など他外国の人もたくさんいて、授業を通して交流が図れるのは、とても刺激になります。また必須科目がなく、興味がある授業を幅広く学ぶのも魅力ですね。私は、ミュージカルやコンサートなどの舞台演出に興味があり、演出に必要なプログラミングを身に付けたり、演技を学んだりしています。

多くの日本人とも触れ合って、もっと日本語力を高めていきたい。

_D3_4025.jpg

GIGA授業以外では日本語科目を履修し、日本語の勉強に力を入れています。入学当時から比べると、今はワンランク上の日本語クラスに入り、アカデミックな文章表現や標準語発音などを学んでいます。キャンパス外にも、日本人と触れ合う機会を増やすためにアルバイトも始めました。子どもからお年寄りまで幅広い層を相手に英語を教えています。SFCでは教わってばかりなので、こういう形で自分の知識をアウトプットして、人の役に立てることは大きなやりがいにつながっています。卒業後はメディア業界に進みたいと考えています。当初は母国の韓国で就職しようと思っていましたが、最近は日本も視野に入れいろんな可能性を探っています。そのためにも日本語をもっと身に付ける必要があります。より多くの知識を習得して、ひと回り大きな自分に成長したいですね。