後期博士課程 カリキュラムの特徴

特徴

後期博士課程における基本的なカリキュラムは、研究指導と論文指導から成り立っています。学生は自らの研究計画に従い、政策・メディア研究科の教員やその他の研究者で構成された「アドバイザリーグループ」により、研究の進め方および博士論文の作成について、指導や助言を受けます。コースワークは修士課程において修了していることが前提です。後期博士課程での研究・教育は、実際にはプロジェクトの中で行われます。修士課程の場合は、プロジェクトに参加することで職業人としての訓練を受けますが、後期博士課程の学生は、自らプロジェクトを立案、企画、推進することで、「新しい概念構築」「専門的な研究活動」「新しい方法論」を駆使した独創的な成果を政策・メディアの融合領域上で展開することが期待されます。したがって博士学位取得においては、外国語の運用能力や授業シラバスの作成能力、博士論文のプロポーザルの提出・認定など、いくつもの条件を満たさなくてはなりません(後期博士課程社会人コースについては、社会経験を前提として、一部条件が免除となります)。

こうした条件をクリアし博士候補の資格を得られれば、既存のプロジェクトとコラボレーションを図りながら、国際的な研究コミュニティへの参加や修士課程のプロジェクト科目との連動など、より活躍の場が広がります。さらに、SFC研究所との交流によって、受託研究やコンソーシアムの形で企業・自治体との連携を図ることも可能です。多くの学生が政策・メディア研究科の後期博士課程で最先端の学問を学びながら、その成果を社会に還元しています。

育成する人材像

高度な専門性、的確な判断力、豊かな独創性を併せ持つ優れた研究者、教育者、および専門家の育成を目的としています。特に、新しい情報パラダイムを基礎として、ガバナンス、政策、社会イノベーションを探究する研究者、持続可能な地球環境や都市の創造に取り組む建築家、新しい情報環境、知識処理、メディアの創造などに携わる専門家、従来の枠にとらわれない教育の実現に意欲を持つ教育者の輩出をめざしています。

後期博士課程社会人コース

大学院修士課程を修了した方あるいは大学学部を卒業した方で、既に企業・官庁・研究教育機関等で合計5年以上の業績・経験を積み、問題意識を明確に持った社会人を対象とし、在職したまま博士学位の取得をめざす制度です。この入学方式が適用されるかどうかについては、入試要項でご確認ください。

免除される博士学位取得要件

「社会人コース」では、博士学位取得要件のうち「新規授業科目企画書」「技法科目」「教育体験」が免除されます。

社会人コース

博士学位取得要件

最長で12学期在学でき、条件を満たせば在学期間延長または所定単位取得退学のいずれかを申請できます。

【参考】大学院ガイド

取得可能な資格

教職免許状

教職課程履修登録をし、所定の単位を修得することによって、中学校および高等学校の教員資格を取得することができます。政策・メディア研究科に設置されている教員免許状の種類および教科は以下のとおりです。

種類 免許教科
中学校教諭専修免許状 社会
高等学校教諭専修免許状 公民/情報

※総合政策学部、環境情報学部で取得可能な一種免許状についても、基礎資格を満たしていれば取得可能です。
慶應義塾:教職課程センター

PAGE TOP