修士課程 カリキュラムの特徴

特徴

修士課程においては、プログラム(専門領域)やコースごとに必修科目や「プログラム修了証(サティフィケート)」「コース修了証(サティフィケート)」(※注)授与要件が定められています。講義による単位取得に徹したプログラムや、作品の制作とレビューなどの研究活動が中心となるプログラム、修士論文を必修としないプログラムなど、各プログラムの特徴が反映されています。

プログラムが大枠の研究領域であるのに対して、政策・メディア研究科の学生にとって日常的な研究活動の場となるのは「プロジェクト」です。従来の座学を中心とした受動的な講義だけでなく、プロジェクトへの参加を主体とした能動的な実践的研究・学習が政策・メディア研究科のカリキュラムの中心です。プロジェクトは、通常、数名の教員が担当しています。これにより、異なる視点から幅広く学生へのアドバイスが可能となります。それらの教員が実施している先端的なプロジェクトに参加したり、教員のアドバイスの下で学生独自のテーマを設定して研究を実施することで、研究の計画、実施、評価などを実際に体験し、職業人・研究者となるためのトレーニングを受けます。プロジェクトとは、「プロジェクト科目」として設置されている履修科目です。単一プログラム内で構成されているもの、複数のプログラムが互いに連携しているものもあります。

また、修士課程修了に必要な全単位の約1/2をプロジェクト科目の履修で充足することが可能です。プロジェクト科目は、政策・メディア研究科全体で約50科目設置されており、先端領域におけるさまざまな研究テーマに柔軟に対応できます。また政策・メディア研究科では、個人の研究テーマに関する国内外での実地調査・研究活動を行う「フィールドワーク」や、研究内容の社会的な実践を試みる上でも有用な「インターンシップ」などを推奨しています。これらの活動は、事前に申請を行い、学内審査を通過すれば正式な単位として認められます。

※注 「プログラム修了証(サティフィケート)」「コース修了証(サティフィケート)」・・・修士課程において各所属コースまたはプログラムに設定されている所定の要件を満たすことにより、修士学位に加えて政策・メディア研究科委員長名で各プログラムまたはコース修了の「修了証(サティフィケート)」が授与されます。これにより、学位取得者の専門性をより明瞭に証明することができます。

科目構成

研究支援科目(概念構築科目、先端研究科目)

概念構築科目」はプログラム(専門領域)の特性や考え方など主要概念を明示する科目です。「先端研究科目」はプログラム(専門領域)に関連する先端的な研究を明示する科目です。これらの科目を学ぶことで、実際にプロジェクト科目で進める研究の全体像をつかむことになります。

プログラム科目

各プログラムを構成する専門科目および各プログラムに関連する主要な課題を明らかにし、これらの課題に対するアプローチの方法を示すことによってプログラムを支援していく科目です。

特設科目

それぞれの科目を理解する上で必要な関連科目、演習的科目、萌芽的研究のためのフロンティア科目、寄附講座等の特別科目です。

プロジェクト科目

研究活動の中心となるのは「プロジェクト」です。従来の座学を中心とした受動的な講義だけでなく、プロジェクトへの参加を主体とした能動的なカリキュラムを中心に構成されています。教員が実施している先端的なプロジェクトに参加することを通じて、研究の計画、実施、評価などを実際に体験し、職業人・研究者としてのトレーニングを受けます。また、プロジェクト科目は研究のフロンティアであるテーマについて、問題発見、分析、結果のとりまとめを体系的に学び、研究の計画、実施、評価を実践することにより、「自律、分散、協調」を体得することを目的とします。

修士論文

修士課程での研究成果を発表するとともに、修士学位を取得する上で重要な論文です。なお、政策・メディア研究科では、修士論文を執筆しないで修士学位を取得する「非修論」オプションもあります。以下の「修了要件」をご覧ください。
(参考)在学生用時間割
(参考)講義案内

育成する人材像

社会のニーズに応える専門知識と実践的な問題発見・解決能力を身につけたプロフェッショナルの養成を主目的としています。特に、カリキュラムの骨格を占めるプロジェクトの手法を活かし、組織経営と企画・立案・政策、都市と環境の設計、情報技術、知識処理技術、バイオ技術、デジタルコンテンツ、マルチメディア技術等にかかわる企業、地方自治体、官庁、国際組織等で活躍することが期待されます。また、既存の学問領域を超える新しい領域を開拓する研究者の育成もめざしています。

修了要件

修士課程の修了にあたって、学生は修士論文を執筆するか、執筆しないで修了する「非修論オプション」か、どちらかの方式を選択することができます。修士論文を執筆する場合には、所定の科目から合計30単位以上(修士論文2単位含む)を修得し、中間発表の実施、最終試験および修士論文に合格することで修士課程が修了します。「非修論オプション」を選択した場合は、所定のGPA条件を満たし、中間発表の実施、プロジェクト科目の活動と成果に関する報告書の提出および審査の合格、最終試験に合格することで修士課程が修了します。

取得可能な資格

教職免許状

教職課程履修登録をし、所定の単位を修得することによって、中学校および高等学校の教員資格を取得することができます。政策・メディア研究科に設置されている教員免許状の種類および教科は以下のとおりです。

種類 免許教科
中学校教諭専修免許状 社会
高等学校教諭専修免許状 公民/情報

※総合政策学部、環境情報学部で取得可能な一種免許状についても、基礎資格を満たしていれば取得可能です。
慶應義塾:教職課程センター

建築士(一級、二級、木造)受験資格

環境デザイン・ガバナンス(EG)履修者は、国土交通大臣の指定する建築に関する科目を所定の単位数以上修めて修了し、その後、国土交通省令で定める建築に関する実務の経験を一定期間以上有すると、受験資格を得ることができます。また、他大学を含め、学部在籍時に国土交通大臣の指定する建築に関する科目を所定の単位数以上修めて卒業した者は、政策・メディア研究科修士課程にて所定の科目を修めて修了することで、その就学期間を一定の実務経験年数とみなすことができます。

PAGE TOP