MENU
SFCの現場
2010.07.06

國領二郎研究室

SFCの現場

國領二郎研究室

研究領域キーワード

國領二郎研究室経営学、 経営情報システム

どのような研究をしているのですか?

國領研究室では、「情報とビジネスモデル」というテーマをもとに、近年見られるような様々な情報技術によって、社会はどのように変化をするのかを、ビジネスの観点から研究しています。具体的には、(1)ベンチャー起業を想定したビジネスプラン作り、(2)さまざまなネットビジネスを研究分析してケース教材の作成、(3)情報と経営の基礎 理論を世の中に紹介していく文献紹介サイトの構築、(4)(1)-(3)を活用した学内や社会を対象としたビジネスインキュベーション活動、のような活動を行っております。
また、新ビジネス創造などにおいては、柔軟な発想と、社会人の経験の租み合わせが必要という観点から、社会人の方に多く参加していただいているのも特徴であると思います。

研究室の一日を教えてください。

授業の内容は、情報と経営に関する前提知識をつける機会と、問題解決のためのプロジェクトに分かれています。5限に行われる文献輪読は、現在の社会を構成するシステム(組織など)についての基礎的な文献を読み、それについて皆でディスカッションを行います。6限に行われるプロジェクトは、インプット(勉強会)とアウトプット(発表)の時間があります。インプットでは、(1)マーケティング (2)情報研究 (3)起業分析 (4)インキュベーション に分かれ、社会人メンターの方を中心に勉強会やディスカッションを行います。アウトプットでは、学期ごとに発表する個人のプロジェクトを発表し、皆からフィードバックをもらいます。

先生はどんな方ですか?

とてもお忙しい中で、学生の話を聞いてくださり、適切なアドバイスを頂ける方です。学生とふれあう時間を大切にしてくださり、飲み会や合宿では、先生の学生時代の失敗談など、面白い話も聞かせていただきます。

研究室ならではのキーワードはありますか?

ビジネスモデル、プラットフォーム、ネットワークビジネス、システム、モジュール化、エントロピー
簡単なことなのに、「これってモジュールだよね〜」など、technical termを使いたがる傾向にあります。これは、私生活でも國領研究会で学んだことを忘れない姿勢ではないでしょうか。研究会のメンバーが仲良しだからこそ、あることだと思います。

→教員紹介

レポーター
総合政策学部3年 中川貴雅さん

(掲載日:2010/07/06)

→アーカイブ