MENU
教職員の方

特別講演を行う場合

授業内、もしくは授業外でゲストスピーカーを招いての特別講演を行う場合は講演日の7日前(土日含めず)までに「特別講演実施申請書」を管財担当へ提出してください。謝礼は手取り10,000円ですが、他資金から補充することも可能ですので各資金担当までご相談ください。(1科目につき半期2回を上限とします)
なお、申請者はSFC専任教員(非常勤の教員は対象外)となります。

特別講義実施申請書(2019年7月更新)

学術上有益な外国人学者を招聘して講演してもらう場合には、小泉基金による「外国人学者招聘費補助」の利用も可能です。この補助に関する詳細は湘南藤沢研究支援センターまでお問い合わせください。

また、会場となる教室を予約する必要がある場合や講演会のポスター掲示を希望される場合には、学事(教務)担当までお問い合わせください。