MENU
教職員の方

大学院セミナー申込

Research Progress

学生は研究テーマや方法についておおよその方向性が決まった段階で、大学院セミナーにおいて任意で研究発表の機会をもつことができます。本格的な研究が始まる段階で、教員やほかの博士学生などからのアドバイスや意見を聞くことで、その後の研究の参考にしてもらうのが目的です。(1学期に1回のみ発表を行うことができます。)発表時間は質疑応答を含めて30分程度です。

【Research Progressを実施するためのフロー】

【1】申請書類提出

申請者:学生本人
申請書類: 「博士課程修了要件に関する申請書」
 ※SFC-SFSで作成してください。
申請締切:修士課程・博士課程学事日程で確認してください。

【2】Research Progress発表内容詳細申請

申請者: 学生本人(または主査)
申請先: 研究科委員会(g-staff@sfc.keio.ac.jp にE メールで申請します。CC に主査・副査。
メールのタイトルを「Graduate School Seminar (セミナー実施日)」とすること。
( )内はmm/dd の形式で表記。 )
申請内容:学生氏名、学籍番号、所属プログラム、研究テーマ、発表サマリー(300文字程度)
申請締切:大学院セミナー開催10日前

 

Thesis Proposal

学科条件を満たし、教育体験を修了した(もしくは教育体験修了予定)学生は、研究のテーマや方法がほぼ固まり、関連研究の予備調査がひととおり終わった時期をひとつの目処として、大学院セミナーでThesis Proposalを行います。この場で、様々な教員からアドバイスを受けるオープンな機会を得るとともに、博士候補になるための審査を受けます。3年間で博士号をとることを想定する場合、入学した学期を入れて2~3学期目が一つの目安になります。(1学期に1回のみ審査を受けることができます。)

【Thesis Proposalを実施するためのフロー】
 

【1】申請書類提出

申請者:学生本人
申請書類: 「博士課程修了要件に関する申請書」
 ※SFC-SFSで作成してください。
申請締切:修士課程・博士課程学事日程で確認してください。

【2】Thesis Proposal発表内容詳細申請

申請者: 主査
申請先: 研究科委員会(g-staff@sfc.keio.ac.jp にE メールで申請します。CC に主査・副査。
メールのタイトルを「Graduate School Seminar (セミナー実施日)」とすること。
(( )内はmm/dd の形式で表記。 )
申請内容:学生氏名、学籍番号、所属プログラム、主査・副査氏名と所属一覧、研究テーマ、発表サマリー(300文字程度)
※やむを得ず遠隔参加の審査員がいる場合、併せて申請してください。遠隔会議システムの使用申請、操作などの運営は各自で実施してください。
申請締切:大学院セミナー開催10日前

【3】Thesis Proposal提出書類

提出者:  学生本人
提出先:  SFC-SFSの「要件確認」ページに登録。
提出書類: 研究プロポーザル(PDF。A4判10ページ程度)
内容: 研究テーマ/期待される成果/既存の研究結果との関連/関連文献リスト/進捗状況/学会発表、論文提出、掲載等
申請締切: 大学院セミナー開催2日前(土日祝祭日の場合は、締切日が早まっています。)

[審査委員]

Thesis Proposalの審査委員については、以下2つの要件を満たすこと
  1:Research Advisory Groupが全員参加
  2:研究科委員が6名以上(Research Advisory Groupの研究科委員含む)参加

[発表形式]

審査委員および参加者に対して、発表25分、質疑応答10分を行います。
発表者は配布資料を準備し、当日までに審査委員に配布してください。

[審査結果]

審査委員は、発表後に審査を行い報告用紙に署名のうえ提出します。
提出者: 主査
提出先:研究科委員会(A館事務室学事担当に提出)

審査結果が合格となり、研究科委員会で承認された場合、その日をもって博士候補となります。
(ただし、教育体験未修了の場合は、教育体験修了承認日をもって博士候補となります)
なお、不合格の場合は次の学期以降に再発表ができます(1学期に1回のみ審査を受けることができます)。
 

Thesis Progress

Thesis Proposalに合格し、学位申請の要件の充足の目処がたった段階で、大学院セミナーにおいて任意で研究発表の機会をもつことができます。学位審査委員会を設置する前に、教員やほかの博士学生などからのアドバイスや意見を聞くことで、その後の研究の参考にしてもらうのが目的です。(1学期に1回のみ発表を行うことができます。)発表時間は質疑応答を含めて60分程度です。

【Thesis Progressを実施するためのフロー】

【1】申請書類提出

申請者:学生本人
申請書類: 「博士課程修了要件に関する申請書」
 ※SFC-SFSで作成してください。
申請締切:修士課程・博士課程学事日程で確認してください。

【2】Thesis Progress発表内容詳細申請

申請者: 学生本人(または主査)
申請先: 研究科委員会(g-staff@sfc.keio.ac.jp にE メールで申請します。CC に主査・副査。
メールのタイトルを「Graduate School Seminar (セミナー実施日)」とすること。
( )内はmm/dd の形式で表記。 )
申請内容:学生氏名、学籍番号、所属プログラム、研究テーマ、発表サマリー(300文字程度)
申請締切:大学院セミナー開催10日前

 

公聴会による審査

学位審査委員会設置後、公聴会による審査を行います。審査結果が合格となり、研究科委員会で承認された場合、最終試験を実施し、最終試験合格後に、最終合否判定の申請をすることができるようになります。なお、不合格の場合は次の学期移行に再発表ができます。(1学期に1回のみ審査を受けることができます。)発表は質疑応答を含めて60分程度です。

【公聴会を実施するためのフロー】

【1】申請書類提出

申請者:学生本人
申請書類: 「博士課程修了要件に関する申請書」
 ※SFC-SFSで作成してください。
申請締切:修士課程・博士課程学事日程で確認してください。

【2】公聴会内容詳細申請

申請者:主査
申請先: 研究科委員会(g-staff@sfc.keio.ac.jp にE メールで申請します。CC に主査・副査。
メールのタイトルを「Graduate School Seminar (セミナー実施日)」とすること。
( )内はmm/dd の形式で表記。 )
申請内容:学生氏名、学籍番号、所属プログラム、主査・副査氏名と所属一覧、研究テーマ、発表サマリー(300文字程度)
※やむを得ず遠隔参加の審査員がいる場合、併せて申請してください。遠隔会議システムの使用申請、操作などの運営は各自で実施してください。
申請締切:大学院セミナー開催10日前

【3】公聴会用提出書類

提出者:学生本人
提出書類・提出先:論文ドラフト(PDF)A 館1 階事務室学事担当窓口に提出
SFC-SFS(https://vu9.sfc.keio.ac.jp/sfc-sfs/)の「要件確認」のページに登録してください。
申請締切: 大学院セミナー開催2日前

[審査委員]

公聴会の審査委員については、以下2つの要件を満たすこと
  1.学位審査委員会のメンバーが全員参加
  2.研究科委員が6名以上(学位審査委員会の研究科委員含む)参加

[発表形式]

審査委員および参加者に対して、発表35分、質疑応答25分を行います。
発表者は配布資料を準備し、審査員に配布してください。

[審査結果]

審査委員は、発表後に審査を行い報告用紙に署名のうえ提出します。
提出者: 主査
提出先:研究科委員会(A館事務室学事担当に提出)
 

参考【学位申請の要件】
下記の4つの基準のうち1つを満たすことが必要となります。

基準1: 認知された学会論文誌において、単記あるいは筆頭著者として、レフリー付の原著論文が2編以上採録、または採録許可であること。ただしその内1編は、条件付採録も採録許可と同等とみなすが、最終試験までには採録が決定しているものとする。投稿予定あるいは投稿中は不可とする。
また、認知された国際会議等に単記あるいは筆頭者としての発表経験が1回以上あること。口頭発表であるか、ポスター発表であるかは問わないものとする。
基準2: 認知された出版社から研究成果を著者として1編以上出版または出版決定していること。
また、認知された国際会議等に単記あるいは筆頭者としての発表経験が1回以上あること。口頭発表であるか、ポスター発表であるかは問わないものとする。
基準3: 認知された学会等に研究成果作品が2編以上採録または採録決定され、1編以上の作品が入賞または入賞決定していること。
また、認知された国際会議等に単記あるいは筆頭者としての発表経験が1回以上あること。口頭発表であるか、ポスター発表であるかは問わないものとする。
基準4: 基準1~基準3に該当せずとも、極めてユニークな(SFCらしい)研究業績を残し、その成果を認知された場で公開していること。また、認知された国際会議等に単記あるいは筆頭者としての発表経験が1回以上あること。口頭発表であるか、ポスター発表であるかは問わないものとする。
 

参考【博士学位授与の要件】
下記の4つの基準のうち1つを満たすことが必要となります。

基準1: 認知された学会論文誌において、単記あるいは筆頭著者として、レフリー付の原著論文が2編以上採録、または採録許可であること。また、認知された国際会議等に単記あるいは筆頭者としての発表経験が1回以上あること。口頭発表であるか、ポスター発表であるかは問わないものとする。
基準2: 認知された出版社から研究成果を著者として1編以上出版または出版決定していること。
また、認知された国際会議等に単記あるいは筆頭者としての発表経験が1回以上あること。口頭発表であるか、ポスター発表であるかは問わないものとする。
基準3: 認知された学会等に研究成果作品が2編以上採録または採録決定され、1編以上の作品が入賞または入賞決定していること。
また、認知された国際会議等に単記あるいは筆頭者としての発表経験が1回以上あること。口頭発表であるか、ポスター発表であるかは問わないものとする。
基準4: 基準1~基準3に該当せずとも、極めてユニークな(SFCらしい)研究業績を残し、その成果を認知された場で公開していること。また、認知された国際会議等に単記あるいは筆頭者としての発表経験が1回以上あること。口頭発表であるか、ポスター発表であるかは問わないものとする。