MENU
おかしら日記
2023.12.05

Ηヴィレッジを見学して|看護医療学部長 野末 聖香

11月25、26日に開催されたSFC万学博覧会。様々なイベントに多くの方々が来場され大盛況でした。ORFでの研究紹介、オープンキャンパス、特別展示などプログラムが多彩で、これらを通じた高校生・地域の方々との交流があり、企画、運営に携わられた皆様方のパワーを感じる素晴らしい博覧会でした。お疲れ様でございました。

万学博覧会2日目の11/26、Ηヴィレッジを見学する機会をいただきました。寮生さんが丁寧に案内してくださいました。Ηヴィレッジは今年オープンした慶應義塾唯一のオンキャンパスの学生寮で、看護医療学部の学生も入寮しています。優しく温かな寮父・寮母さんが在寮してくださり、お食事があり、新しくきれいな建物、運営を支える教職員の皆さんがいて、安全で、、、ついつい親目線になってしまいますが、これ以上ない環境です。仲間と暮らし集うことの楽しさ、一緒にいる安心感を感じながら日々学ぶことができます。一方で、国内外の各地から来た学生さんたちが共同生活をするのですから、文化や習慣、言語の違い、価値観や考え方の違いから人間関係がギクシャクしたり、ストレスを感じたりすることも、もちろんあるでしょう。そしてこの葛藤体験こそが、グローバルに活躍する力の源になるのだと思います。相手と自分は異なる存在であることを前提に、自分の気持ちや考えを率直に伝え、相手の気持ちや考えにも耳を傾ける。歩み寄ってお互いに納得のいく問題解決を図る。相互理解、相互尊重の精神に基づき行動するーすなわちアサーションの力をトレーニングする場になるのではないでしょうか。是非いつの日か、寮生OBに寝食を共にして体験したこと、身につけた力について聞いてみたいな、と思います。

Ηヴィレッジをご案内くださった皆様、ありがとうございました。

野末 聖香 看護医療学部長/教授 教員プロフィール