MENU
SFCスピリッツ
2006.07.12

肩書きのない名刺、余白のない履歴書

SFCスピリッツ

肩書きのない名刺、余白のない履歴書

河野あや子さん
会社員
2000年環境情報学部卒業

転職率が高いことで悪名高いSFC。就職氷河期といわれる時代にあって、困りますよ先輩方、と思ったこともあった。まさか自分がその悪名を下支えすることになるなんて想像だにせずに。でもそうなってしまった今、あえて言い訳したい、「いつだってそれなりに理由があった」のだと。

大学卒業後、JTBの出版事業局(現・JTBパブリッシング)に就職し、主に海外ガイドブックを編集していた。仕事はそれなりに楽しかったが、3年経ったら追い風が吹いたような気がして退職した。母校に顔を出して生協に行き、担当していたシリーズの書棚をそっと整理し、福田和也先生の『岐路に立つ君へ』を買って帰った。直感と漠然とした夢だけで行動を起こしたが、心細くもあった。肩書きのない名刺を作ったものの、下手すれば紙切れとしての価値すらない。

フリーで(自由って難しい)編集や執筆に携わりつつ、いくつかの職種を経験した。井の中の蛙なりに世界が見たいと思ったので、ピースボートに通訳ボランティアとして乗り込んだ。一周すると当然だが同じ地点に戻る。世界は意外と広くて狭かったが、自分の器は小さいままだった。地に足つけようと一念発起して業界紙の記者に。剣よりも強いペンをと苦闘していた矢先、舞い込んだ一通のメールにより、思いがけず履歴書に新たな一行が加わることに…。

かろうじて見捨てずにいてくれる仲間達と、社会を渡り歩いていて出逢う多くの人々との、縁に支えられて生きてます。

『私の履歴書』リンク
→旅行に必携のガイドブック
→グローバルに活躍する方
→世界一周船の旅レポート
→海と船、クルーズの情報なら
→お車ご購入の際はぜひ

(掲載日:2006/07/12)