MENU
SFCスピリッツ
2006.06.21

ファイナンスの理論を実社会へ繋げる

SFCスピリッツ

ファイナンスの理論を実社会へ繋げる

森政貴さん
Georgia State University, Ph.D. Candidate
1997年総合政策学部卒業

SFCでは森平爽一郎教授の下金融工学を学び、卒業後野村アセット・マネジメントに入社しました。まさにファイナンス市場の最前線においてファンドマネージャー・アナリストのニーズを吸い上げてモデル開発・ファンド分析を行うという業務に携わりました。理論を実社会の問題に応用する魅力と難しさの両方を同時に肌で感じた非常に有益な経験でした。

SFC卒業前に既に将来は大学教授になるという夢を持っていた私は、約4年間ファイナンス市場で現場経験を積んだ後、Ph.D.取得のための留学を決意します。ファイナンス市場において確立されつつある理論と実社会との繋がりを不動産市場において構築出来れば、という夢を抱き不動産分野を研究分野として選択しました。2002年からGeorgia State Universityという米国最大の不動産学部を持つ大学にてフルブライト奨学生として留学生活を送っています。

留学を開始してもうすぐ4年が経ちます。所謂天才アメリカ人教授との会話に驚愕したり、巨大なアメリカ人学生を相手に授業を担当したり、とPh.D.留学を決意しなければ決して一生味わえなかったであろう刺激溢れる生活を楽しんできました。

2006年9月からは新潟にある国際大学にアシスタントプロフェッサーとしての就任が決まりました。実務界との関わりとグローバルな視点を重視し、極めてユニークな教育・研究活動を展開しているビジネススクールです。就任を3ヵ月後に控え、13年前のSFC入学時と同じ高揚を感じています。

(掲載日:2006/06/21)