MENU
SFCスピリッツ
2006.03.29

棋士のミッション

SFCスピリッツ

棋士のミッション

梅沢由香里さん
プロ棋士
1996年環境情報学部卒業

大学4年の時にプロ試験に合格し、現在棋士として11年目になります。棋士の仕事は対局の他、一般ファンの方と対局して指導や講義を行ったり、時には地方へ出張し、イベントに出演したり子供や老人まで幅広く指導することもあります。

他のプロ、たとえば野球やサッカーの選手は、現役時代は自分の技を高めることに集中し、引退してから子供たちを指導するというのが通例ですが、基本的に体力に左右されにくい囲碁の世界は自分で引退を決めるまで現役を続けることが出来ます。そのためほとんどの棋士が、自分の芸を磨くことと普及活動を同時に行っています。私もいずれも棋士の大事なミッションだと思っているので、どちらも大切にしたいと考えています。

お蔭様で、漫画『ヒカルの碁』の影響により、囲碁は子供たちにも広く伝わりました。漫画が始まる前と後では囲碁人口も圧倒的に増え、レベルも上がりました。最近の子供はとても強いです。

つい最近、『脳を鍛える大人のドリル』などで有名な川島隆太教授の研究により、子供が囲碁を打つと「コミュニケーション力」や「我慢」「創造性」などを司る前頭前野が活性化されるという結果がNHKニュースで取り上げられました。デジタルなゲームも人気ですが、未来も目的も自分で創っていく囲碁が「子供の教育」という観点からも注目される日は近いかもしれません。

私はこの本当に面白い文化を、子供だけでなく、これからは最も囲碁人口が少ない同世代(20代から30代)にも広めていきたいと思っています。具体的には頭脳スポーツの国際大会の開催や、囲碁のルールを簡単に覚えられるような入門教室の開催や研究に務めています。おっと、もちろん棋士として日本一を目指すこと、これも夢見ていますよ!

(掲載日:2006/03/29)