MENU
SFCスピリッツ
2006.04.26

インターネットで次世代の流通モデルを

SFCスピリッツ

インターネットで次世代の流通モデルを

ネットプライス社社員佐藤輝英さん
株式会社ネットプライス 代表取締役社長兼CEO
1997年総合政策学部卒業

当社の設立は99年。ヤフージャパンが96年、楽天が97年で我々はその後発でしたから、彼らとは違ったオリジナリティーがあり、ファーストランナーになれるモデルにしようと思い、人が集まれば集まるほど安くなる「ギャザリング」というビジネスモデルを考えました。消費者のバイイング・パワー(購買力)をネットを使って集約し、みんなで一緒に安く商品を買うことができる新しい仕組みです。これは売る側の理論ではなく、買う側の気持ちに立った新しい小売りのカタチ。そして、ネット時代だからこそ可能になった新しい流通のカタチでもあります。

ビジネスをはじめるキッカケとしては、両親共に経営者ということもあったのですが、SFC入学時、インターネットに初めて触れ、こんな便利なツールがあるのかと感動すると同時に、今後のビジネスの可能性を確信しました。また、大学4年生の時に、ソフトバンク(現SBIホールディングスCEO)の北尾吉孝氏と出会い、「タダでもいいから働かせて欲しい」と本気で思い、在学中よりEC決済会社サイバーキャッシュ(現SBIベリトランス)の立ち上げに参画しました。

そして、2000年4月より当社代表取締役社長兼CEOに就任。2004年7月には東証マザーズに上場。インターネットで次世代の流通モデルを創るべく邁進中です。現在30代に入ったばかりですが、40代で「フォーブス」の表紙を飾れるぐらいインパクトのあるビジネスを創りたいと思っています。

PCサイト http://www.netprice.co.jp
携帯サイト http://m.netprice.co.jp

(掲載日:2006/04/26)