MENU
SFCスピリッツ
2006.05.17

O2Farmの百笑生活

SFCスピリッツ

O2Farmの百笑生活

大津耕太さん・愛梨さん大津耕太さん
O2Farm、1998年環境情報学部卒業

大津愛梨(旧姓:吉田)さん
O2Farm、1998年環境情報学部卒業

私たちは農業を始めて4年目。アイガモやコイを使った無農薬のお米を産直し、阿蘇特産のあか牛や減農薬のきゅうりなどを育てています。また、冬場の農閑期には、農業や環境に関する報告書を書いたり、視察のアレンジをしたり、翻訳や通訳などもしています。SFCのインテンシブコースでドイツ語を履修していた耕太。ドイツ生まれの愛梨。卒業1年後に結婚した私たちは、二人そろってドイツの大学院に進学しました。ランドスケーププランニングの勉強をして帰国したところ、東京の「土を踏まない暮らし」に大きな違和感を覚えました。日本の食料自給率は世界最低水準。自給率の高い欧州に比べると、日本人の暮らしはとても頼りなく見えました。

私たちは、農業が自然環境や農村景観を守っていることを学びました。例えば田んぼに水を張るだけでも、地下水の涵養や土砂崩れの防止、カエルやトンボを始めとした生態系の維持が、同時に行われます。確かに農業だけで生計を立てるのは大変かもしれません。しかし一方で「食うもの」に困ることはなく、昼からビールが飲め、残業や上下関係のない生活。実家が先祖代々続く農家なので、土地や機械に投資をせずに農業を始められたことが、私たちにとって幸運でした。パソコンや語学を使って「+α」の仕事ができるSFC生だからこそ、田舎で農を基盤にした生活をして欲しい。幅が広く奥の深い農業にこそ、「環境情報」や「総合政策」が活きるのだと思います。

→O2Farm(オーツーファーム)

(掲載日:2006/05/17)