MENU
SFCスピリッツ
2009.10.14

イノベーションを通して、世界や地球に貢献したい

SFCスピリッツ

イノベーションを通して、世界や地球に貢献したい

青木崇行さん
カディンチェ株式会社 代表取締役、特定非営利活動法人パックス・アース 理事長、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科 特別研究助教
2001年環境情報学部卒業、2003年政策・メディア研究科修士課程修了、2009年博士(政策・メディア)取得

SFCの修士修了後、ソニー株式会社に入社しCorporate R&D A3研究所で動画像処理の研究に3年間携わりました。その後、博士課程に入学し徳田英幸研究室においてセンサアクチュエータネットワークの研究を行いました。博士課程という知的充電期間に、人生を懸けて取り組むべきテーマを最先端技術の研究開発や途上国での社会貢献活動と設定し、2008年にカディンチェ株式会社と特定非営利活動法人パックス・アースを設立しました。

カディンチェ株式会社は、ソニー時代の研究所同期と2人で設立した技術系ベンチャー企業です。「驚きをつくる会社」をコーポレートメッセージとし、主に室内空間3次元モデリングやセンサネットワークなどの最先端情報技術を事業化するべく、日々研究開発を行っています。最近では、参議院議員の鈴木寛さん(元SFC助教授)とともに政治とITに関する取り組みも行っていました。我々が提供する技術が、社会の様々な場面で利用されることを喜びとしています。

特定非営利活動法人パックス・アースは、ネパール・日本両国のボーイスカウト出身の仲間約25人で設立した環境教育・国際協力活動を展開する団体です。両国の青年達により、現地の子供たちへの環境ワークショップ開催や植樹活動を行い、教育や環境といった側面から社会貢献をしようと活動しています。Child toFamily, Family to Societyを活動指針として、国連組織や政府開発援助とはまた違った草の根ソーシャルモデルを構築すべく活動を行っています。

テクノロジーイノベーションとソーシャルイノベーション。アプローチは異なるものの、イノベーションを通した社会貢献という目的に変わりはありません。そして世界には今この瞬間にも顕在的・潜在的にイノベーションを待っている人、動物、環境が存在します。イノベーション仲間は多ければ多いほど、効果も大きくなります。少しでも分野が関係しそうでしたら、ご連絡を頂ければと思います。
一緒に世界を良くしていきましょう!

カディンチェ株式会社:http://www.kadinche.com/

特定非営利活動法人パックス・アース:http://www.pax-earth.org/

右が筆者、左がカディンチェ株式会社共同創立者の内田氏。
右が筆者、左がカディンチェ株式会社共同創立者の内田氏。

(掲載日:2009/10/14)