MENU
SFCスピリッツ
2011.04.07

サッカーを通して強いdotを打ち続ける

SFCスピリッツ

サッカーを通して強いdotを打ち続ける

岩崎陸さん
慶應義塾体育会ソッカー部女子監督・男子コーチ、慶應義塾体育研究所非常勤講師、慶應サッカースクールコーチ、YOKOHAMA FC・KEIOサッカースクール チーフコーチ、NPO法人 HIYOSHI SPORTS CLUB理事
1999年環境情報学部卒業、2009年福澤諭吉記念文明塾第一期修了

まずこの投稿にあたり、東日本大震災で被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。このような困難の時だからこそ、先頭に立って現実世界の問題解決に挑むSFCスピリッツで、復興に向けて日々知恵を絞り、行動していく覚悟です。

私は、創設6年目を迎える体育会ソッカー部女子の監督として、また日吉キャンパスで開講されている体育サッカーの講師として、そして子供対象のサッカースクールのコーチとして、小学1年生から大学生まで男女問わず毎週約200名を超える方々とサッカーを通して半学半教の日々を送っています。

実は、震災直後は、未曾有の危機に直面して、サッカーに意味を見出せなくなり、大きな無力感と共に動けなくなっていました。しかし、復興に向けて、サッカーで伝えられること、成し遂げられることがあると考え、学生達と共に議論し行動を起こしつつあります。目に見える活動として、4月10日にサイパンで行われる北マリアナ諸島女子サッカー代表と慶應義塾体育会ソッカー部女子の国際親善チャリティマッチを戦ってきます。(結果や成果は後述の女子部ホームページURLを参照ください)

“Again, you can't connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future.”
(参照元URL: http://news.stanford.edu/news/2005/june15/jobs-061505.html)
これはSteve Jobsの2005年Stanford大学卒業式での招待スピーチの一節です。SFCでは、自分の頭で考え、行動することが求められますが、全てが考えた通りに行くわけではなく、その過程で悩んだり、立ち止まったりすることもあり、私の学生生活はその繰り返しでした。しかし、今振り返ると、SFCには信じて強いdotを打ち込めば、必ず後で何かにつながる環境がありました。

私は環境情報学部卒業後、8年間勤めたNTTネットワークサービスシステム研究所を退職し、サッカーのプロコーチに転向するという大きなキャリアの転機がありました。前職では、通信サービスの基盤となる高信頼のサーバプラットフォームの実用化の傍ら、通信キャリアが持つネットワークサービスに事業者が参入しやすくするための、API(Application Programming Interface)の国際標準化にも携わりました。欧米を中心に世界から集まった10人ほどのグループで、各地を飛び回りながら議論し、一つの仕様書を作り上げるという仕事は、まさしくグローバルなグループワークそのものであり、悪戦苦闘しながらもSFCでの経験が当たり前のように活きました。

同じように、SFC及び前職で出会った仲間、先生から教えられた全てのことが今の自分に繋がっていると感じます。例を挙げれば枚挙に暇がないですが、教える者の覚悟と学ぶ者の姿勢を教わった、故 江藤淳先生の気迫あふれる講義。先生を含め3名の緊張感溢れる輪講で、理解が遅い私に、忍耐強く接してくださった服部隆志先生の分散コンピューティング研究会。そして、安村通晃先生には研究の方向を見出していない私を諌めていただき、常に研究的視点を持って活動することを教わりました。また、私は山本純一先生が開講したスペイン語インテンシブの第一期生ですが、今は、ヨーロッパ発のサッカーのトレーニング理論である「戦術的ピリオダイゼーション理論」を、スペイン語の解説書で学んでいます。

体育会ソッカー部にはSFCに在籍する学生も多くおり、サッカーだけでなく、様々な活動に精力的に取り組む姿には刺激を受けています。私自身も学生に負けずにこれからも強いdotを打ち込み続けたいと思います。

慶應義塾体育会ソッカー部女子ホームページ:http://homepage1.nifty.com/keio-soccer/womens/

 

ソッカー部女子
ソッカー部女子2010年度関東大学女子サッカーリーグ2部優勝1部昇格
選手、スタッフ、保護者、地域の方々みんなの力でつかんだ勝利。次は1部リーグ強豪に再挑戦。

(掲載日:2011/04/07)