MENU
総合政策学部・環境情報学部

社会イノベーションの分野

イノベーションとは、社会の様々な要素の新しい結合によって、それまでにない新しい考え方などを生成することです。「社会的な成果」と「経済的な成果」の両面を追求する実践プロセスを学びます。
以下では、研究会や卒業プロジェクト、企業・政府・他大学等との共同研究など、様々な研究活動を「プロジェクト」と捉え、その一部を「分野」ごとに紹介します。なお、ここでの「分野」とは学生や教員が所属する「専攻」「学科」「コース」ではありません。現在の両学部の研究の領域を便宜上わかりやすく束ねた編集上の区分です。SFCの学生は自由にプロジェクトに参加し、結果として自らの専攻分野を創っていきます。

社会起業

社会問題の解決にビジネスとして取り組む「ソーシャルベンチャー」の経営技術を身につけ、同時に社会を変革しうる「ソーシャルアントレプレナー」として何ができるのかを考えます。
社会イノベーションプロジェクト社会や組織の在り方を変える、社会・経済の解決法における新しい考え方や方法を研究します。ミッション性のある社会的事業を立ち上げ、社会への新しい提案を模索します。
コミュニティ経営プロジェクト企業、非営利組織、地域、サイバースペースにおける様々なコミュニティについて経営の観点から学び、社会変革をもたらす手法を研究します。

ベンチャー・NPO経営

ベンチャー企業やNPO経営の成功には、ミッションの明確化とともに、経営の技術やスキル、迅速で的確な実行力などが必要です。現代の理論と実践の結びつきを重視し、学んでいきます。
ビジネスモデル
構築プロジェクト
学生が自ら経営者となるシミュレーションを通じて、いかなるビジネスモデルを構築し、経営・リスク管理を行っていくかを研究します。
地域経済と起業
プロジェクト
地域の発展に欠かせない、社会イノベーションやコミュニティ形成の在り方、地域における流通や通貨の効用、そして起業の事例などを研究していきます。

情報社会デザイン

企業経営、組織やガバナンスの在り方、社会の「安心・安全」、コミュニティの形成がどのように変革していくのか、マクロな視点とミクロな視点から社会のデザインを考えます。
情報社会研究
プロジェクト
情報社会化の進む日本だけでなく、米国や韓国などとの比較を交えながら、情報通信に関係する政策を研究します。
社会システム
研究プロジェクト
社会を「システム」として捉え、社会現象の分析や問題解決、新しい仕組みの提案や政策提言を行うことを目指します。

「社会イノベーション」に関連する科目の例

ソーシャルイノベーション/ネットワーク社会の構築/社会起業論/ネットワーク分析/ネットワーク政策/ネットワーク文化/マスコミュニケーション/ソーシャルマーケティング/コミュニティインベストメント/非営利・公会計論/情報技術とマーケティング/ネットワーク産業論/ネットワーク社会論/表象文化論/プロジェクト評価論
→講義案内・シラバス(科目名による検索)
実際に行われている授業科目の一覧です。科目名あるいはカテゴリをクリックすると科目概要をご覧になれます。
※ シラバスについては、慶應ドメインからのみ閲覧が可能です。

その他の研究領域

→政策デザインの分野
→国際戦略の分野
→経営・組織の分野
→都市・地域戦略の分野