MENU
総合政策学部・環境情報学部

政策デザインの分野

常に変化し続ける政治的・経済的・社会的環境に適応し、我々の暮らしをより良いものにしていく手段が政策です。政府のみならず、様々な主体が参加して政策をデザインする方法と概念を学びます。

以下では、研究会や卒業プロジェクト、企業・政府・他大学等との共同研究など、様々な研究活動を「プロジェクト」と捉え、その一部を「分野」ごとに紹介します。なお、ここでの「分野」とは学生や教員が所属する「専攻」「学科」「コース」ではありません。現在の両学部の研究の領域を便宜上わかりやすく束ねた編集上の区分です。SFCの学生は自由にプロジェクトに参加し、結果として自らの専攻分野を創っていきます。

経済・財政

国や自治体の政策デザインの中心となるのが経済・財政分野です。景気や雇用、株式市場や外国為替市場の舵取りなどのメカニズムを考えます。
 

都市と不動産経済
プロジェクト
日本人の大部分が都市に住むようになった今日、広い意味での都市問題をどのように解決していくかを経済的な観点からとらえ、生活の豊かさについて考えます。
実験経済学
プロジェクト
近年発展してきた実験経済学は、社会科学に実験は不可能との固定観念を覆しつつあります。ゲーム理論の知見を用いながら、経済的制度のデザインについて考えます。



政治・社会


国会で議論されることだけが政治ではありません。我々の社会の中で起きる様々な問題の本質を解きほぐし、解決策を探ります。
 

近代社会研究
プロジェクト
近代は我々の社会のあらゆる側面において変化をもたらしました。そうした変化を歴史的、理論的な視点から捉え直し、個人と集団の在り方を考えます。
政治コミュニケーション
研究プロジェクト
政治は様々な手段・メディアを通じたコミュニケーションで成立しています。様々なアクターがコミュニケーションによって権力を行使し、影響し合う過程を分析します。



法律・制度


我々の行動を規定するものが法律と制度です。それらをデザインすることで我々の生活をより良いものにする政策を考えます。
 

国際宇宙法プロジェクト 21 世紀に大きく発展すると考えられているのが国際宇宙法です。各国の利害を調整するとともに、どのようにしたら新しい可能性を切り開いていけるのかを考えます。
憲法史プロジェクト 国のデザインの根幹となっているのが憲法です。各国の既存の憲法はそれぞれの国の歴史と制度の影響を受けていますが、日本の憲法見直しを考える際の視点を整理します。


「政策デザイン」に関連する科目の例
公共政策/リーガルマインド/社会保障政策(医療・介護)/社会保障政策(年金・労働・福祉)/社会安全政策(治安)/現代社会理論/社会システム理論/社会構造分析/社会関係分析/消費とライフスタイル/パブリックガバナンス/科学技術政策/現代政治論/政治制度論/地方自治論/憲法(人権)/憲法(統治)/民法(財産法)/民法(家族法)/企業法(会社法)/企業法(ベンチャー関連法)/刑法/行政法/情報法/ミクロ経済1/ミクロ経済 2/マクロ経済 1/マクロ経済2/ゲーム理論/ストック経済論/応用ミクロ経済/エコノメトリックス/政策過程論/政策評価論/予算編成論/地方政府動態論/知的財産権論/公共選択論/経済政策/財政政策(国家)/財政政策(地方政府)/経済分析演習/多部門経済モデル分析/法の経済分析

→講義案内・シラバス(科目名による検索)
実際に行われている授業科目の一覧です。科目名あるいはカテゴリをクリックすると科目概要をご覧になれます。
※ シラバスについては、慶應ドメインからのみ閲覧が可能です。



その他の研究領域

→社会イノベーションの分野
→国際戦略の分野
→経営・組織の分野
→都市・地域戦略の分野