MENU
総合政策学部・環境情報学部

国際戦略の分野

グローバル(世界)、リージョナル(地域)、ナショナル(国家)など様々な規模で統治の在り方を捉え、国際組織、国家、企業、NGO、個人などの統治主体に焦点をあてた国際戦略を研究します。 以下では、研究会や卒業プロジェクト、企業・政府・他大学等との共同研究など、様々な研究活動を「プロジェクト」と捉え、その一部を「分野」ごとに紹介します。なお、ここでの「分野」とは学生や教員が所属する「専攻」「学科」「コース」ではありません。現在の両学部の研究の領域を便宜上わかりやすく束ねた編集上の区分です。SFCの学生は自由にプロジェクトに参加し、結果として自らの専攻分野を創っていきます。

国際政治経済

国際情勢・地域情勢を政治面・経済面から幅広く分析し、多角的な視点から理解を深め、国際戦略のデザインを学びます。
 

国家戦略
プロジェクト
グローバル化の進展する世界において、国家の役割はいかにあるべきか。歴史に見出されるパターンや未来予測の手法を取り入れながら、国家戦略を考えます。
対外経済協力
プロジェクト
開発途上国や国家建設の途上にある国、地域に対して、いかなる経済協力・技術協力を行うべきか。開発を通じた格差、貧困、権限付与の在り方を研究します。

地域戦略


グローバリズムの進展によって、地域の在り方が問われています。ヨーロッパ統合の進展をはじめ、東アジアやアメリカ、アフリカなど、世界各地で地域主義が深化するメカニズムを考えます。

東アジア
地域統合
プロジェクト
東アジア諸国の経済発展は、域内の経済相互依存関係を深化させ、政治・社会的な統合の機運が高まっています。将来の東アジア共同体は実現するのか、多角的な視点から考えます。
米国分析
プロジェクト
超大国の米国は、政治・軍事・経済・文化など多くの面から参照されます。米国を国際戦略の中でどう捉えるべきか、これまでの経過を辿ると同時に現代の政策を分析します。

ヒューマンセキュリティ

「脅威からの自由、欠乏からの自由」を確保するため、これを実現するための政策課題や、促進・保全しようとする個人およびコミュニティの在り方を検討します。
 

開発とヒューマン
セキュリティ
プロジェクト
「ヒューマンセキュリティ論」の意味の変遷を整理しながら、開発あるいは近代化などの政策が生み出す「解決すべき政策課題」の検討を進めます。
東南アジア
地域開発
プロジェクト
「途上国/先進国」「南北」という分類を批判的な観点でとらえた上で、東南アジア開発がもたらした問題点について検討します。

言語コミュニケーション

言語コミュニケーションを通じて、世界の思想や文化、人々の生活を理解し、高度な運用能力を通じて、プロフェッショナルとして世界に「発信」できる能力を培います。
 

デジタル・アラビック・
ワールド・プロジェクト
デジタルメディアとアラビア語を用いて、アラビア語によるデジタルコンテンツを作成しながら、アラブ・イスラーム世界との相互理解を図ります。
ヨーロッパ思想
プロジェクト
ヨーロッパに生成した思想を正確かつ批判的に理解し、その思想と向き合いながら、我々の実存に大きな影響を及ぼす「西欧近代」のエッセンスとその可能性を探ります。

「国際戦略」に関連する科目の例
ヒューマンセキュリティ/グローバルガバナンス/多言語社会コミュニケーション/言語コミュニケーション論/言語と認知/社会的組織と経営(ヒューマンセキュリティ)/文化政策/国際関係論/国際政治経済論/外交と戦略/安全保障と国際紛争/国際機構論/国際開発論/地域開発論/国際法/国際コミュニケーション/地域と社会(アジア・大洋州)/地域と社会(欧州・CIS)/地域と社会(米州)/地域と文化(アジア・大洋州)/地域と文化(欧州・CIS)/地域と文化(米州)/宗教と現代社会/言語とヒューマニティ/言語と教育/言語論/国際協力政策/安全保障政策/地域統合論/社会統合論/開発とローカリズム/国際比較法制論/現代文化探究/文化共生論/多文化社会論/国民国家とナショナリズム/比較体制論/言語教育実践論/言語動態論 →講義案内・シラバス(科目名による検索)
実際に行われている授業科目の一覧です。科目名あるいはカテゴリをクリックすると科目概要をご覧になれます。
※ シラバスについては、慶應ドメインからのみ閲覧が可能です。 その他の研究領域 →政策デザインの分野
→社会イノベーションの分野
→経営・組織の分野
→都市・地域戦略の分野